脱色(ブリーチ)は、毛あしを長くする|東京・ニードル脱毛エステサロン「トータルビューティフィット」

Epi contents

脱色(ブリーチ)は、毛あしを長くする

脱色(ブリーチ)は、毛あしを長くする

では、脱色(ブリーチ)は大丈夫かというと、これは化学作用によって
毛先を細く長くしてしまいます。お客様の中で、夏、海へ行く
度に脱色しているうちにシミが沢山できました、という方がいました。
海に行って日焼けすれば、シミが出来るのはあたりまえなのですが、
このお話をうかがった時、よく観察していらっしゃるなと思いました。

ブリーチというのは、弱酸性の毛をアルカリで脱色することなのです。
毛と皮膚は、同じタンパク質から作られており、兄弟の関係の
ようなものです。そのためブリーチすると同じように表皮もその
角質層まで溶かしてしまいます。ブリーチした後、肌がすべすべに
なったような気がするのは、このためなのです。
海では、紫外線を大量に受けてしまうのですから、この時、
ブリーチの液で、身体を保護するバリアー(角質層)をとって
しまっていれば、保護膜なしで紫外線を受ける結果となり、シミが
大量にできてしまうのです。そして、しばらくすると、肌の水分や
油分が少なくなり、カサカサ肌になってしまうのです。とっても怖いことですね。

キャンペーンはこちら

お客さまの処理方法の統計をとってみたところ、カミソリを使ってブリーチするという
併用型の処理をしていらっしゃる人が圧倒的に多いようです。ところが、一本の毛を濃く長くして
本数を増やし、さらに、肌への悪影響が多大という点では、これほどまずい処理方法はありません。

肌を露出する前に、ムダ毛の処理をしたいという気持ちは、分かります。けれど、カミソリ・ブリーチの
併用型の処理は、ムダ毛の処理方法としてまずいだけでなく、肌のトラブルを引き起こす
ということを忘れないで欲しいですね。また、この併用型は、いざ永久脱毛をしようという時に、
毛が根元からとれず途中で切れてしまいやすくなって、結果的に永久脱毛の料金を高くしてしまいます。

tel:03-3338-7244

【営業時間】10:00~20:00 木曜・第2・4水曜日定休
キャンペーンはこちら

▶ トップへ戻る